読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS7にpyenvを利用してpython3をインストール

pyenvを利用してpython3をインストールしたメモです。


pythonはほとんどのLinux系OSには入っていると思いますが、
python2系だと思います。

python3をインストールする場合、
pyenvを利用すると、複数のバージョンのpython共存させて
簡単に切り替えることができます。

github.com

依存関係インストール

まずは、下記に書いてある通り、必要な依存関係をインストールします。
https://github.com/yyuu/pyenv/wiki

後ほどgitでpyenvを取得するので、gitもインストールしておきます。

# yum install gcc zlib-devel bzip2 bzip2-devel readline readline-devel sqlite sqlite-devel openssl openssl-devel git
pyenvインストール

gitでリポジトリから取得します。

# git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

bash_profileに環境変数を記述します。

# vi .bash_profile

.bash_profile

# pyenv
export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

bash_profileを反映。

# source .bash_profile

下記にように表示されればOKです。

# pyenv version
system (set by /root/.pyenv/version)
python3インストール

インストールできるバージョンを一覧表示します。

# pyenv install --list
Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
   :
   :
  3.4.4
  3.5.0
  3.5-dev
  3.5.1
  3.6-dev

今回は現時点の安定版の3.5.1をインストールします。

# pyenv install 3.5.1

pythonのバージョンを確認してみると、
まだ元々入っているpython2.7.5が表示されます。

# python --version
Python 2.7.5

下記コマンドでpython3.5.1に切り替えます。

# pyenv global 3.5.1
# pyenv rehash

バージョンを表示すると3.5.1に切り替わっています。

# python --version
Python 3.5.1

下記コマンドで利用可能なバージョンが表示されます。
systemとなっているのは元々入っていたpythonです。
*がついているのが現在使用しているバージョンです。

# pyenv versions
  system
* 3.5.1 (set by /root/.pyenv/version)

systemに切り替えてみます。

# pyenv global system

バージョンが2.7.5に戻っています。

# python --version
Python 2.7.5

確認してみると、systemに*がついて切り替わっているのがわかります。

# pyenv versions
* system (set by /root/.pyenv/version)
  3.5.1


こちらからは以上です。