読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitBucketインストール手順

git

GitBucketのインストール方法はとっても簡単。
gitbucket.warをデプロイするだけです。

アプリケーションサーバにデプロイする場合

GitBucketでは

をサポートしています。

今回はtomcatへのデプロイ方法です。

warファイルダウンロード

https://github.com/gitbucket/gitbucket/releases
から最新バージョンのwarファイルをダウンロードしてきます。

tomcatへデプロイ

CATALINA_HOME=/usr/local/tomcatの場合、
{CATALINA_HOME}/webapps/以下にgitbucket.warを配置します。

tomcat起動

後は、tomcatを起動するだけです。

# /etc/init.d/tomcat start
GitBucketへアクセス

tomcatを起動したサーバとポートに/gitbucket/をつけてアクセスします。

http://[hostname]:[port]/gitbucket/

GitBucketへログイン

デフォルトの管理者ユーザが自動で作成されています。

  • アカウント:root
  • パスワード:root

組み込みサーバで起動する場合

gitbucketはwebサーバにデプロイしなくても、
直接warを実行して組み込みサーバで実行できます。

warファイル実行

warファイルダウンロードまでは同じです。
warファイルをどこか適当な場所に配置し、下記コマンドを実行します。

# java -jar gitbucket.war
GitBucketへアクセス

起動したサーバに下記URLでアクセスします。

http://[hostname]:8080/

デフォルトでは8080ポートで起動します。
アプリケーションサーバへのデプロイと違う点は、URLに/gitbucket/をつけない点です。

起動オプション

下記の起動オプションが用意されています。

  • --port=[NUMBER]
  • --prefix=[CONTEXTPATH]
  • --host=[HOSTNAME]
  • --gitbucket.home=[DATA_DIR]

デフォルトの8080ポートが他のアプリとかぶる場合は、portを変更してあげればOKです。

# java -jar gitbucket.war --port=8090

http://[hostname]:8090/でアクセスできます。

prefixを変更する場合はこんな感じ。

# java -jar gitbucket.war --port=8090 --prefix=/gitbucket

http://[hostname]:8090/gitbucket/でアクセスできます。